愛宕念仏寺の情報ページ

愛宕念仏寺まで歩いていこう

嵯峨野めぐりならこのコースがおススメ!

歩いて嵯峨野をめぐるなら、是非参考にして頂きたいコースがあります。
まず、バスで嵯峨野の奥に進み、下車して歩きながら下っていくというルートです。
これならゆったりと観てまわれるので年配の方でも安心です。

 

◆スタート地点は『愛宕念仏寺』。
ココは1200羅漢像があることでも知られているお寺です。
京都駅バスターミナルから京都バス「清滝行き」に乗車。
「愛宕寺前」で下車するとスグに到着します。
というか、目の前にあるのでとても分かりやすい!
ココで注意して頂きたいのが、京都バスが市バスとは異なるという点。
バスの特徴としては、クリーム色の車体に茶色のラインが入っています。
これを目印に是非探してみてください。
愛宕念仏寺の敷地はそう広くはありません。
サクッと観てまわるなら、所要時間15分といったところでしょうか。
じっくり観て周りたい方でも、1時間もあれば敷地内を散策することが

 

できると思います。
◆近くの化野念仏寺へ
愛宕念仏寺から歩いてすぐの所には『化野念仏寺』があります。
弘法大師が無縁仏を弔うために建立したお寺で、境内に大小無数の
石塔石仏が並びます。
嵐山よりも綺麗かも?!
と言われるほどの竹林や、秋には紅葉が楽しめるなど、見所の多い
場所です。
愛宕念仏寺近くにはお店はありませんが、この化野念仏寺周辺には
飲食店やお土産物店などが点在しています。
歩くのに疲れたら、ホッと一息。
なんていうのはいかがでしょうか?!
◆清涼寺までは緩やかな下り阪
滝口寺、祇王寺などを観て周り、最後は『清涼寺』を散策するのが
おススメ。
この『清涼寺』は嵯峨釈迦堂で親しまれています。

ご本尊の釈迦如来立像は三国伝来の釈迦像と称されていて、
エスニックな顔立ちをしています。
さすがインド伝来!を納得されること間違なし。
また、境内は源氏物語の光源氏のモデルと言われる源融の邸宅跡があるなど
嵯峨野めぐりのラストにふさわしい、たくさんの物語にあふれた
場所です。
清涼寺の前には「嵯峨釈迦堂前」というバス停があるので、
そのまま「嵯峨嵐山駅」や大覚寺方面へのバスに乗ることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ